« ぴあぴあの | トップページ | 勘違い »

2007年3月29日 (木)

厄日

親戚の家に預けているピアノを弾きに行くこと

今の一番楽しみな時間

その親戚の1人が今日帰ってきます

ああ、悲しい。

でも彼女に会えるのは楽しみ

それに彼女はピアノの音が好きなので

大抵好きなだけ弾かせてくれます

問題は彼女の旦那様が帰ってきた時です

彼は私がピアノを弾くのが好きじゃないので

彼が帰ってきたら前のように

2週間おきくらいにしかピアノが触れなくなるなあ

金曜日にピアノを弾きに行ったけど

満足するほど弾けなくて帰ってくる

日曜、なんだか悶々としていて、

思い立ってNorth York Libraryへ行く

トロントの公立図書館で、

唯一Piano Practice Roomがあるところ

親戚の家とは真反対側にある

電話で空きがあるか問い合わせしたけれど

日曜日はサンデーサービス用の番号にしか繋がらず、

空きがあるかの確認ができない

しかもサンデーサービスの番号に繋がるまで

20分は待たされた

家から遠いし、弾けなかったらガソリンと時間の無駄

そう説明しても

「直接行ってください」だけでした

ちょっと悩んだけど結局車に乗り込んだ

我が家からは高速に乗って25分の

アップタウンの中心にある大きな図書館

地下鉄直結ということもあり、

有料の駐車場しかない

しかも週末なので空きがない

日曜なので図書館もお店も5時には閉まってしまう

15分ぐらいぐるぐる回ってやっと停める

日曜は朝6時から夕方6時まで一律3ドル

あと一時間もない、けど3ドル

はやる気持ちを抑えて

ピアノプラクティスルームのある2階へ

予約は…埋まってました

でも最後の30分の人がもし現れなかったら

無料で弾いてもいいよ、とのことでした

4時30分までの時間の20分、うろうろとする

前はこの図書館にたくさんの日本書籍があったのに、

すこーししかない

ライブラリアンに聞くと、

最近アジア人が増えている地域に移した、とのことでした

がっかりしつつも

中島らも、や中学理科精密図解これで丸分かり!と

するはずもないのに図解付きレース編み、を手に取る

内田康夫が一冊もなくて残念。

楽譜も色々あったけど、やはり運指番号がないので

愛の夢を最後まで弾ける様になるまでやめておく

4時半を2分過ぎても誰も来ない!

もし予約の人が来たら譲ってね、と言われ

嬉々としてピアノルームに向かう

ジャケットを脱ぐ間も惜しい

楽譜を置いて2小節弾いたところで…

予約の人がShow up  ガーン

仕方が無いのでリストのCDや、

ベトベン先生のCDを漁る

両手一杯に本やCDを持ってチェックアウト

…すると、「アナタの図書カードは期限切れです」

と言われる。何?期限切れ?

ワーキングホリデーや留学生が多いトロントでは

本を借りたまま国から出てしまう人などが後を絶たず

1年毎に期限を切れるようにしたそうです

そしてそんな時に限って、住所の入った身分証明がない

結果、何も借りられず(涙)

結局問い合わせに20分、図書館を見つけるのに10分、

駐車場見つけるのに15分、行き帰り往復50分、

プラス駐車場3ドル、がまるで無駄に

とても悲しい思いで家路につく

ピアノを少しでも触れただけ幸せだったとしよう。くすん

|

« ぴあぴあの | トップページ | 勘違い »

コメント

アレレ・・・、何だか本当に厄日でしたね。
でも「苦あれば楽あり」です。
今度はきっとラッキー・デーが訪れますヨ!
/(o^。^o)/

投稿: 88鍵奏者 | 2007年3月30日 (金) 00時01分

88鍵奏者さん、

そうなんですよー分かってくれただけで救われます。
うまくいかない日ってありますよね…
でもまた再チャレンジしてみます!

88鍵奏者さんのお言葉を受け、
ラッキーデーを待ちわびております☆

投稿: tomo* | 2007年3月31日 (土) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183652/5893892

この記事へのトラックバック一覧です: 厄日:

« ぴあぴあの | トップページ | 勘違い »