2007年5月17日 (木)

ピアノの森

いつも頑張ってるアナタへ、と

友人が漫画をプレゼントしてくれた!

と言っても、ずっと前にリクエストしたのは私なんですが☆

頂いたのは、『ピアノの森』13巻まで

日曜日に貰って、月曜日に読破

あっという間に読み終わりました

森に捨てられていたピアノと育った少年、

貧しく人間の底辺にいる生活をする少年は

天才的な聴力を持っていた、

っていうお話

彼の紡ぐ音色は誰も彼をもとりこにするのだけど

現実にそういうピアニストはいるのかな?

どんなに人の心を掴むピアニストでも

万人の心を掴むことができることってできるんだろうか

そんな人がいたら、聴いてみたいなと思う

さて、キラキラ星変奏曲、

譜読み、というものをちょこっとしてみました。

正しい読み方か分かりませんが、

楽譜を目で追って、頭でメロディを浮かべる

最初の2ページ目の右手だけですが、

難しそうだということが分かってきました

んー、とりあえず、

ツェルニー50番までいったら弾き始めようかしら

先は長い…

せめて運指指示があればなあ

| | コメント (54) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

暗譜終了

やっと、やーっと『愛の夢3番』の暗譜が終わりました

最後のページ以外は

最初の1週間ほどで暗譜していたのですが

最後のページの左手が右手の上をクロスするところの和音、

そこだけどうしてもどうしても覚えられずにいたのです

ああ、やっと最後まで弾けるようになったよ。

長かったです

さすが上級曲

最近は愛の夢の弾き込みではなく、基礎を頑張ってます

ツェルニー100番の18まで、ソナチネの練習順位1と2番目

弾く時間がとにかくないので、

先週末2時間と昨日2時間でここまで

前回グラピ弾いた後に触ったピアノの回数でもあります

いやあ、進まないですね…

指番号適当主義者なので、ツェルニーに四苦八苦してます

ソナチネはまだ全然手を付けてないので2曲のみ

運指番号通りに弾いて間違いを1つもしなければ

次の曲に進んでます

一応日にちが変われば最初のページから弾き直して復習。

ピアノ習ってた時ですらこんなに真面目にやってなかったんでか!

なんて心の中で毒づきながらこつこつと。

おかげで和音が揃ってきたような気がします

あくまでそんな気がするだけ、なんですが

さて、愛の夢の暗譜が終わって弾き込むだけなので、

次の『自分のレベルより高い曲弾いちゃうよ!課題曲』は

モーツァルトのキラキラ星変奏曲、にしました。

って、まだ楽譜もまともに見てないのですが

可愛い副タイトルに惹かれました…きゅーん

そして簡単そうに聞こえるこの曲、

結構難しいって噂です

心してかからねば(いつになるかわかりませんが)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月 5日 (土)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャパン

日本ではこんな素敵なイベントをやっているんですね

http://www.t-i-forum.co.jp/lfj/

ラ・フォル・ジュルネの説明はこちら↓

フランス北西部の港町ナントで、

1995年に誕生したクラシック音楽祭。
クラシック音楽の常識を覆すユニークなコンセプトに貫かれ、「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」のネーミングそのまま、

ヨーロッパの数ある音楽祭の中でもっともエキサイティングな展開を見せている。

以上、

公式サイトからの引用です

既に今ではヨーロッパ各地開催されるようになったらしい。

あと、東京。

ヨーロッパと東京かあ…

どちらも遠いなあ

トロント市長に嘆願書出しちゃおっかな

よし。そうしよう

それにしても、素晴らしいプログラム!

聴きたい曲がいーっぱい

私ならどの日のどこの会場にしただろうなあ、

なんて、演目を見るだけでもワクワクしちゃいますよ

小菅優さんのジムノペディ1番、聴いてみたい

仲代郁代さんも未だにとっても可愛らしくて

なのにダイナミックな演奏で、好き

児玉桃さんのラヴェルのボレロも聴いてみたい

東京に居たら居たで

すっごく迷ってジレンマー、なんてことになりそう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

グランドピアノ

弾いてきました。

金曜日には無料映画上映をしているオーディオトリウムに

ぽつんとあったグランドピアノ

本当の本当に、ボロボロ(笑)

キーによって重さが違って、

響きも異なる

よく使われる部分と思われる鍵盤は

重くて、下まで叩いても曇った音。

低音部は、やたらと音が通る

そして調律もいつやったのかは分かりませんが

やはり狂っているようで、

弾いている時に自分が間違っている錯覚に何度も陥る

でもでも、たのしー

思いっきり弾けるっていいです。最高です。

毎日弾いていないから、指がやはりうまく動かない

ツェルニーでこないだつらっと弾けた曲に悪戦苦闘

愛の夢終わりまで暗譜を目指していたのに、また持ち越し

友人が名前を貸してくれたので2時間予約できたのですが

駐車場が見つけられなくて、30分近く遅刻したのが残念☆

次の予約したかったけど、カウンターが混んでいて

ストリートパーキングのメーターがタイムアウト

今週もう一回くらい行けないかなあ…

あ、弾けてたジムノペディ1番が、まるで頭から抜けていた

やはり弾けるようになった曲もちゃんと練習しないとですな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年4月27日 (金)

ツェルニー

先週金曜日にピアノを弾く機会に恵まれた

これまでput up(日本語忘れた)していたツェルニーに挑戦。

初ツェルニーです。

イマイチ指の動きが以前(13歳)のように滑らかにならない、

そして和音のバラつきが気になるので、

やはり避けて通れないかな、と。

12曲目まで頑張る。気付くと愛の夢を練習する時間が無い

ソナチネも練習したかったのにー

ハノンの音階もまだ見開き2pの部分しか進んでない

アルペジオも平行して練習しようと思うのだけど、

苦手なものってどうも手が出ない。もう大人なのに。

トロントにある図書館で、

グランドピアノが置いてあるところを友人が教えてくれた

1時間しか予約できないけど、今週土曜日に早速予約を入れた

調律や手入れはされてないボロらしいけど、楽しみ!

あと1ヶ月ほどで日本に里帰り

それまでにやらなくてはならないことがいっぱいなのに、

最近ついついお菓子やパンを作ってしまう

そんなわけで家の中は荒れ放題

つくづくピアノの音が合わない家です。

って自分のせいですね☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年4月19日 (木)

YAMAHA DGX620

今日お邪魔した友人宅には

購入したばかりの電子ピアノがありました

YAMAHAのDGX-620

こっち型番は560だかなんだかになってましたが

さすがYAMAHAだなーという鍵盤

でも打鍵音が結構して、友人はあまり気に入ってない様子

日本でいくらするか分かりませんが、

彼女は日本円で10万ちょっとだった、と言ってました

少しだけ触らせてもらう。

ポータブルグランド、と言うだけあって

ペダルがちゃちいのに中々にいい音でした

ちょっと鍵盤が重いかな。でも音色はいいなー

うう、ピアノ

Kids Keyboardとはやっぱり違うなあ

最近Kids Keyboardすらまともに触ってないです

今週末こそ生ピアノに触りたい~

先週末に少し弾かせてもらえたのですが

指が鈍ってたので結局ハノンを弾いて終了

いつになったら愛の夢最後までスムーズに弾けるのか

さて、愛の夢。

名ピアニスト聴き比べしてみましたが、

やはりケマル・ゲキチの愛の夢が一番好きです

ゆったりとしていて、情感が溢れてて

私が持っているCDはこれ

ベスト・オブ・ベスト/クラシック・ピアノ Music ベスト・オブ・ベスト/クラシック・ピアノ

アーティスト:オムニバス(クラシック)
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006/05/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

4枚組みのCDなんですが、

CD1ばかり聴いています。

大好きな『ラ・カンパネラ』が入っていて

リストの『愛の夢』もドビュッシーの『月の光』も入ってるから

でもあんまりこのCDで『月の光』を弾いているピアニスト

(あえて名前は伏せます)の『月の光』は好きじゃないです

ピアニストとしてはとても素敵な方だし、

彼女の他の曲は素晴らしいなと思うのですが。

さておき、愛の夢3番。

ゲキチのように弾けたら素敵だろうなと思います

さて、あと何年かかるでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月31日 (土)

勘違い

大恥じ。恥ずかしくってたまりません。

カデンツァのことを勘違いしてました。

この部分をカデンツァだと思ってました。

「liebestraume_tochu.mpg」をダウンロード

和音進行のことだと思ってたのですの。ほほ

知らないのに言葉だけ使いたがるのでこうなります。

小さい音符ちゃんたちがカデンツァだったんですね。

ああ、お恥ずかしい。すみませんでした。

そして肝心のカデンツァ、

まだまだ全然弾けません。

適当な指で弾くのはできるんですが、

運指番号どおりキレイに流れるようにはまだまだ。

日本の楽譜と違って

ふってある運指番号もちょこっとしかないから

推測して弾いてるだけですが

とかいいつつ、つらっと。

自分の演奏をアップしてしまいました…

アップロードの仕方を教えてくれた88鍵奏者さん、ありがとう!

アドバイスくださったもつ弁さんも、本当にアリガトウ!

音声の取り出し方が分からなかったので

一応視界に入れても害のない角度にしてみました

すみません、ヘタクソさんです。

一番得意な部分です

怖いけど感想、お待ちしてます

練習は最後のページをのったりと

最後まで両手を合わせる程度まで

その後に小さい音符ちゃん達をゆっくり攻めようと思います

でもその前に調律もしなくては

古いピアノなので、キーが一つStuckしてます。

日本語でこういうのなんていうのでしょうか。

日本ではメンテもしっかりしたピアノしかないし

言葉自体ないのかもしれない…

Stuck Keyは今のところ1つだけど、

かなりStickyなキーがちらほら…

弾きずらいったらありゃしないです。もう

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

厄日

親戚の家に預けているピアノを弾きに行くこと

今の一番楽しみな時間

その親戚の1人が今日帰ってきます

ああ、悲しい。

でも彼女に会えるのは楽しみ

それに彼女はピアノの音が好きなので

大抵好きなだけ弾かせてくれます

問題は彼女の旦那様が帰ってきた時です

彼は私がピアノを弾くのが好きじゃないので

彼が帰ってきたら前のように

2週間おきくらいにしかピアノが触れなくなるなあ

金曜日にピアノを弾きに行ったけど

満足するほど弾けなくて帰ってくる

日曜、なんだか悶々としていて、

思い立ってNorth York Libraryへ行く

トロントの公立図書館で、

唯一Piano Practice Roomがあるところ

親戚の家とは真反対側にある

電話で空きがあるか問い合わせしたけれど

日曜日はサンデーサービス用の番号にしか繋がらず、

空きがあるかの確認ができない

しかもサンデーサービスの番号に繋がるまで

20分は待たされた

家から遠いし、弾けなかったらガソリンと時間の無駄

そう説明しても

「直接行ってください」だけでした

ちょっと悩んだけど結局車に乗り込んだ

我が家からは高速に乗って25分の

アップタウンの中心にある大きな図書館

地下鉄直結ということもあり、

有料の駐車場しかない

しかも週末なので空きがない

日曜なので図書館もお店も5時には閉まってしまう

15分ぐらいぐるぐる回ってやっと停める

日曜は朝6時から夕方6時まで一律3ドル

あと一時間もない、けど3ドル

はやる気持ちを抑えて

ピアノプラクティスルームのある2階へ

予約は…埋まってました

でも最後の30分の人がもし現れなかったら

無料で弾いてもいいよ、とのことでした

4時30分までの時間の20分、うろうろとする

前はこの図書館にたくさんの日本書籍があったのに、

すこーししかない

ライブラリアンに聞くと、

最近アジア人が増えている地域に移した、とのことでした

がっかりしつつも

中島らも、や中学理科精密図解これで丸分かり!と

するはずもないのに図解付きレース編み、を手に取る

内田康夫が一冊もなくて残念。

楽譜も色々あったけど、やはり運指番号がないので

愛の夢を最後まで弾ける様になるまでやめておく

4時半を2分過ぎても誰も来ない!

もし予約の人が来たら譲ってね、と言われ

嬉々としてピアノルームに向かう

ジャケットを脱ぐ間も惜しい

楽譜を置いて2小節弾いたところで…

予約の人がShow up  ガーン

仕方が無いのでリストのCDや、

ベトベン先生のCDを漁る

両手一杯に本やCDを持ってチェックアウト

…すると、「アナタの図書カードは期限切れです」

と言われる。何?期限切れ?

ワーキングホリデーや留学生が多いトロントでは

本を借りたまま国から出てしまう人などが後を絶たず

1年毎に期限を切れるようにしたそうです

そしてそんな時に限って、住所の入った身分証明がない

結果、何も借りられず(涙)

結局問い合わせに20分、図書館を見つけるのに10分、

駐車場見つけるのに15分、行き帰り往復50分、

プラス駐車場3ドル、がまるで無駄に

とても悲しい思いで家路につく

ピアノを少しでも触れただけ幸せだったとしよう。くすん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

ぴあぴあの

前回の日記から4回ほどピアノを弾く機会に恵まれ!

愛の夢もいよいよ最後の部分です(って前からですね)

最初の音符が小さい部分は結構速く弾けるようになりました

とは言っても、元から比べたら、程度ですけれど

聴いていて苦にならない程度、といいますか

小さい音符第二弾、の部分は運指がこんがらがりますね

やっと5回に1回は音を合わせることができるようになりました

すぐ暗譜して編曲してしまうのできちんと楽譜を見なければ

カデンツァは結構面白いくらいうまく弾けるようになりましたが、

やはりどうもアルペジオが苦手なようです

むむむー

月の光もアルペジオで引っかかってしまったし

夢、もアルペジオだらけでまだ手を付けられない

アルペジオ

永遠のテーマです(いや、ハノンやろうよ)

私の低レベルで上級曲をここまで弾けるようになったら

誰かに聴いてもらいたくなりました

いや、褒めてほしいだけなんですけどね

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

集中力

平日だけど急にピアノを弾くチャンス到来☆

ピアノを置かせて貰ってる場所は

ハイウェイにのって30分弱の場所

そんなのお構いなしさ!

うっきうき!

なんて浮かれてたらExit下りそこねました

夜の8時半ぐらいに到着

外は体感温度マイナス20℃だったので

ちょっと手先が冷たい

ホントはハノンで指を慣らさなきゃならないのだけど

時間が勿体ない


いつもは家の人に気を遣ってソステヌートを踏みながら弾いている

(真ん中ペダルは何故か音が小さくならない)

今日は思いっきり弾けるんです やたー


『月の光』の覚束無いところを集中して練習

あと、暗譜したとこも楽譜を見て弾く練習

いつもいつの間にか編曲しているので

トロイメライも最近弾いてないので復習

FFⅩの「ザナルカンドにて」も最近弾いてなかったので弾く


こないだYoutubeで見たら、気付いたんだけど

私の覚えたものは市販のピアノスコアと異なるらしい

私は元義理の弟のFFⅩ攻略本に載っていたものを練習したんだけど、

市販のピアノスコアの方がずっと難しそう


最近頑張っているリストの『愛の夢3番』の練習

いつもKids Keyboardで片手のみの練習なので、

両手で弾くと全然弾けなかったりする

ずっと右手首が痛かったから練習してなかったけど

結構いい感じ

なんとか楽譜4pまで両手で合わせて弾くことができるようになる

2回目に音符が小さくなるとこのちょっきり手前まで

でも4p目なんて1小節づつに20秒くらい掛かってます。トホホ

でもだいぶよくなってきました。楽しい!


レパートリーが少ない私はちょっと違う曲で気分転換

今日はChopinの「革命」の最初の所にトライ

面白い!そしてこのメロディ、やっぱ好きだわ。

もちろん左手が難しすぎるので全然弾けないのですが

最初の9小節だけ練習して遊ぶ

いつかこの後の部分も弾けるようになりたいです。この曲


気が付いたらあっという間に夜中の2時

途中で飲み物は摂ったものの、

ほぼ5時間以上もぶっ続けで弾いてたんですねえ

この集中力が10代の頃にあれば、

今頃は…


木の椅子なのでお尻が痛い

気が付いたら小指の表面も痛い

週末も来れたらいいなあ。つか、絶対来よう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«右手首